【御堂筋線⇔四つ橋線】大国町駅での乗り換え裏技テクニック【大阪メトロ】

Osaka Metro(以下「大阪メトロ」)の御堂筋線と四つ橋線はどちらも大阪市中心部を南北に貫く地下鉄路線ですが、実は「大国町駅」で乗り換えを行うことで両線どうしの乗り換えが非常にスムーズに行えとても便利です。

大阪メトロの駅は同じ駅名であっても路線によっては離れた位置にあり、乗り換えに時間がかかるなあと思う人もいますが、実は大国町駅を上手に使いこなすことで梅田や難波に行くときもなるべく歩かないで済むようになります。

当記事ではそんな大国町駅での便利な乗り換えテクニックを注意点も合わせて紹介していきますね。

参考 大国町 – Osaka Metro(外部リンク)

大国町駅は御堂筋線⇔四つ橋線の乗り換えが対面で可能

大国町駅は大阪メトロの駅で唯一、同じホームで御堂筋線と四つ橋線の乗り換えが対面でできる駅となっています。

大国町駅の1・2番ホームでは、

  • 1番線・・・御堂筋線「天王寺・なかもず方面行き」
  • 2番線・・・四つ橋線「北加賀屋・住之江公園方面行き」

の列車が発着し、3・4番ホームでは、

  • 3番線・・・四つ橋線「西梅田方面行き」
  • 4番線・・・御堂筋線「なんば、梅田、新大阪、千里中央方面行き」

の列車がそれぞれ発着します。

このように、大国町駅では御堂筋線と四つ橋線の上下線がそれぞれ合流しているため、同じホーム上で両線どうしの乗り換えができます。

そのため、大国町駅では列車を降りたホームを横切るだけで「四つ橋線から御堂筋線」と「御堂筋線から四つ橋線」の乗り換えが簡単にできるようになっています。

他の駅での乗り換えのように、階段やエスカレーターを何度も使って移動する必要もありませんし、乗り換えには時間も数秒しかかからないので、とても便利です。

大国町駅を上手に使いこなす方法

御堂筋線と四つ橋線の両駅で乗り換えができる駅(Osaka Metroの路線図に加工)

たとえば、天王寺やなかもず方面から西梅田周辺に用があったとすると、御堂筋線で梅田駅まで行って目的地まで歩いたり、なんば駅や本町駅で乗り換えをしたりするよりも、大国町駅で乗り換えをした方が歩く時間を減らせます。

さらに、目的地がJR難波駅周辺の場合も、四つ橋線のなんば駅で降りた方が近いため、御堂筋線で直接なんば駅まで行くよりも、一つ前の大国町駅であらかじめ乗り換えておくと非常に便利です。

また、逆に住之江公園方面から淀屋橋や新大阪へ行くときも、なんば駅や本町駅、そして西梅田駅まで行って御堂筋線に乗り換えるよりも、大国町駅で乗り換えた方が断然楽に乗り換えができます。

御堂筋線と四つ橋線の乗り換えができる駅とその駅間での乗り換え時間および他の乗換路線は以下の表のとおり。

四つ橋線 両駅間の乗換時間(目安) 御堂筋線 他の乗換路線
西梅田 8分 梅田 谷町線、JR線、阪急線、阪神線
肥後橋 × 淀屋橋 京阪線(※淀屋橋のみ)
本町 7分 本町 中央線
四ツ橋 7分 心斎橋 長堀鶴見緑地線
なんば 6分 なんば 千日前線、近鉄線、阪神線、南海線、JR線
大国町 0分 大国町

大国町駅以外の駅では乗り換え時間が6~8分ほどかかりますが、大国町駅だと乗り換え時間はなんと0分

さらに、御堂筋線は終日混雑しているため、混雑を避ける目的で四つ橋線を利用するときも大国町駅での乗り換えが便利です。

大国町駅で乗り換えを行う際の注意点

以上で紹介したように非常に便利な大国町駅での乗り換えテクニックですが、注意点が2点あります。

①車両編成が異なる

1つめの注意点は車両編成について。

御堂筋線の車両は10両編成に対し、四つ橋線の車両は6両編成となっています。

そのため、乗車する車両の位置によっては対面のホームに列車が停車していたとしても、降りてすぐの正面に車両がない場合もあるため、乗り換え時に焦って走ることになりかねません。

御堂筋線の方が車両編成が長いため、四つ橋線から御堂筋線へ乗り換える場合は心配ありませんが、御堂筋線から四つ橋線に乗り換える際には両線の車両編成の違いに注意が必要となります。

②女性専用車両の設定

2つめの注意点は女性専用車両の設定について。

御堂筋線では平日の終日にわたって女性専用車両が導入されています。

なお、四つ橋線には女性専用車両の設定はありません。

そのため、男性の方は四つ橋線から御堂筋線に乗り換える際には注意が必要です。

また、御堂筋線の女性専用車両は車両真ん中あたりの6号車に設定されているため、男性の方は乗り換えを行う前に必ずチェックしておきましょう。

最後に

当記事では大阪メトロの御堂筋線と四つ橋線の大国町駅を使った便利な乗り換えテクニックについて紹介しました。

大国町駅で乗り換えを行うことで御堂筋線と四つ橋線どうしの乗り換えが非常にスムーズに行えます。

御堂筋線と四つ橋線を利用するときはぜひこのテクニックを駆使し、目的地によって下車する駅を使い分けて少しでも乗り換えの手間や目的地までの時間を節約してみてくださいね。